喫煙によりたばこに含まれるニコチン、一酸化炭素が母体に吸収されると、赤ちゃんの成長に必要な栄養や酸素を十分に胎児に供給できなくなります。その結果、早産、流産、低出生体重児となる可能性が高くなります。赤ちゃんの発育ためにも妊娠に気が付いたら禁煙しましょう。
また、喫煙は歯周病の危険因子とされています。
重度の歯周病にかかっている妊婦は、低体重児を出産する可能性が7倍以上も高くなるといわれています。また早産が増えることも指摘されています。
タバコを吸っている方はもちろんですが、喫煙に関係なく、是非妊娠前に歯科で健診を受けて、歯周病のチェックをされるとよいと思います。妊娠中でも治療はできます。安定期にでも受けられるとよいでしょう。

三重県 桑名市 歯科 星野歯科医院