Categotry Archives: むし歯・歯周病

歯がしみる

by

歯がしみる時はいろいろあります。
歯をみがいている時、冷たいものを飲んだ時、反対に熱いものを飲んだ時や甘いものを食べた時など。
どれもが同じ原因ではなく、対処方法も異なります。
まず、歯をみがくとしみる場合、これは「歯頸部知覚過敏」といって歯と歯肉の境目あたりがしみるもので、歯肉が少し下がって歯の根っこの部分が見えている状態の時になります。原因としては研磨剤の入っている歯磨き材で磨きすぎることがあげられます。いわゆるヤニとり歯みがきとか歯を白くする歯みがきというものです。(すべてのものがそうとは限りません)これらは汚れを取るように歯も削ってしまうので、力の入れすぎた磨き方や多用は控えた方がよいでしょう。しみる場合はしばらくの間、歯みがき剤用使わないで歯をみが
いてください。
次に、冷たいものを飲んだ時に染みる場合、これも歯と歯肉の境目で起こりやすく、歯周病によって歯ぐきが痩せて歯の根っこの部分が露出しているときが多いです。ほかに歯にひびが入っている場合や治療したすぐやむし歯の場合もしみます。この場合も研磨剤入りの歯みがき剤は控え、丁寧な歯みがきをして様子を見ましょう。
熱いものがしみるのはかなりむし歯が進行しているか、歯の神経がダメージを受けている場合です。早めに歯科で診察を受けたほうがよいでしょう。
甘いものがしみる場合も進行したむし歯の場合が多いので、同じく早めに診察を受けられるのをお勧めします。
三重県 桑名市 歯科 星野歯科医院

歯の数と認知症

by

歯の数が少なくなり噛む力が弱くなると、脳の老化が早まると言われています。
噛むということは食べることだけでなく、同時に脳を活性化させているのです。噛んで脳を活性化させることによって、物忘れや認知症を防ぐ効果があります。
また、歯がないと口腔内の環境が悪くなるだけでなく体全体にも影響が出てきます。
噛みにくく十分に噛めないと唾液の分泌が減り、消化器官に負担をかける。かみ合わせが悪くなることによって肩こり、めまい、頭痛、腰痛といった症状が起きる。全身の筋力も低下するなど。
いつまでも若々しく元気でいる為にも予防によってできるだけ自分の歯を残すことが大切ですが、すでにむし歯、歯周病などで歯をなくしてしまっている場合でも、入れ歯、ブリッジ、インプラントなどで歯を補うことが大切です。
「自分の歯で(自分の歯と同じように)よく噛んで食べる」=老化防止に役立ちます!!
三重県 桑名市 歯科 星野歯科医院

歯石は手ごわいぞ!!

by

歯の汚れ「歯垢」が長くそのままにされると、「歯石」という硬い物質に変わります。
歯石は歯にがっちりとくっついていて手強く、歯ブラシや電動歯ブラシでも取り除くことはできません。歯石はスケーリングやルートプレーニンングといった方法で歯科医院で除去します。
歯石がつくと歯周病が進行する原因となるので、歯垢をためないように毎日の歯みがきや歯間ブラシ、フロスでのセルフケア、また歯科医院での専門的なケアを受けるようにしましょう。
三重県 桑名市 歯科 星野歯科医院

どうしてこんなに治療回数がかかるの?

by

歯科医院に通う患者さんの不満の一つとして、通院回数が多いことがあげられると思います。
むし歯の数が多かったり、歯周病の状態が悪かったりするとやはり治療期間、回数は長く、多くなります。が、それ以上に歯の根の治療の場合は何度も同じことを繰り返ししているように思い、不満に感じていらっしゃるのではないでしょうか?
歯の神経を取った後のその管はしっかりと清掃して無菌的な状態にしてから封鎖をします。その清掃作業は一般によく行っている治療ではありますが、簡単というわけではありません。歯の中の2~3股に分かれている細い管の中を1本ずつギザギザの針のような細くて小さい器具で神経が残っていないかかき出していくわけです。ほとんどが手作業で慎重な操作が必要なため、時間と回数がかかってしまいます。
もう痛みがないのに、この治療を日を置いて何回も繰り返して行っていることを不思議に思われるかもしれませんが、これは前回失敗したからとか、回数増やしに行っているわけではありません。より丁寧に管を清掃、治療することにより、その歯をより長持ちさせるために行っている作業であります。
三重県 桑名市 歯科 星野歯科医院

口の中が乾燥すると・・・

by

花粉の季節がやってきました。
本来人間は鼻で呼吸をしますが、鼻炎で鼻が詰まると口で呼吸をすることが多くなります。花粉アレルギーの薬の副作用で口の中が乾燥したりすることもあるかと思います。またもともとの癖で口呼吸をする人など、口の中が乾燥気味になる人は歯周病やむし歯になりやすくなります。
口の中が乾燥すると、細菌の棲み家である歯垢がネバネバになり歯につきやすくなります。唾液による自浄作用も低下するため、口の中の細菌が増え活発になるのです。そのため歯周病やむし歯になりやすくなるのです。
口呼吸の人はできるだけ癖を直すように、また花粉症の人はこの時期いつもよりも念入りにお口のケアをするとよいでしょう。
三重県 桑名市 歯科 星野歯科医院