ひみこの歯がいーぜ

by

今日はよくかむことの8大効用のお話です。
それが「ひみこの歯がいーぜ」です。
「ひ」肥満を防ぐ
よくかむと脳にある満腹中枢が働いて食べ過ぎを防ぎます。
「み」味覚の発達
よくかんで、食べ物本来の味を学習しましょう。
「こ」言葉の発音がはっきり
よくかむ事は、顎の発育を促しきれいな歯並びを育成します。
また、顔の筋肉を鍛え表情を豊かにします。
「の」脳の発達
よく噛む運動は脳細胞の働きを活発にします。
子どもの知育を助け、高齢者の認知症予防になります。
「歯」歯の病気を防ぐ
よくかむと唾液がたくさん出て、細菌感染を防ぐ働きをします。
「が」がんを防ぐ
唾液に含まれる酵素(ペルオキシダーゼ)には、
発がん性物質の作用を消す働きがあるといわれています。
「いー」胃腸の働きを促進
食べ物が口の中にあるときに、すでに消化液(家城・すい液)が出てきます。
特に”おいしい”と感じているときは分泌が活発になります。
「ぜ」全力投球
ぐっと力を入れてかみしめた時に、全身の力もわいてきたり、
集中力も増してきます。しっかりかんで、丈夫な歯をつくりましょう。
三重県 桑名市 歯科 星野歯科医院

痛かったむし歯が痛くなくなった?

by

むし歯がすごーく痛かったのに、我慢していたらそのうちに痛みがなくなって、治ったような気になって安心している人はいませんか?
でもそれは間違いです。残念ながらむし歯は自然には治りません。
痛くなくなったのはむし歯がかなり進行してしまい、歯のエナメル質と象牙質に穴が開き、歯の中の神経のある部分(歯髄)にまで達し、神経が死んだり腐ったりしてしまったからです。
痛くなくなったからといってこれを治療をせずに放置しておくと、細菌により歯の根の先に炎症が起こり膿がたまったり、それが周りにまで広がったりとさらに大変な歯の病気になる可能性があります。それゆえ神経が死んで痛くなくなったむし歯はより治療が必要となってくるわけです。
ですから歯医者に行くのを億劫がったり、間違った自己診断をされずに、できるだけ早い時期にきちんとした歯の診断と治療を受けられることをおすすめします。
三重県 桑名市 歯科 星野歯科医院

赤ちゃんのお口はきれい

by

生まれたばかりの赤ちゃんのお口の中にはむし歯菌(ミュータンス菌)はいません。
生後6か月~3歳くらいをピークに、主に親などからキスや食器を介してうつるといわれています。
ですからまずはその親たちのお口の中のミュータンス菌を減らすことが大切です。フッ素やキシリトールを取り入れたり、きちんとしたケアでお口の中を清潔にし、できるだけ感染のリスクを低くしたいものですね。baby
三重県 桑名市 歯科 星野歯科医院

ぶらぶら足はダメ~

by

食事中の姿勢と歯並びには、深い関係があります。
お子様の足は食卓に座った時にきちんと床についていますか?
足が床につかずにブラブラしていると、
体の重心が不安定になり猫背になりやすくなります。
そして、猫背は悪い歯並びのもとになります。
というのも、人は猫背だと頭でバランスを取ろうとする為、
正しい位置での噛み合わせを妨げるようになるからです。
そうならない為には、足のつく低めの椅子か、
足置きを用意すると良いですよ。
また、机と体の間の距離はこぶし一個分が適当ですので、
合わせて気を付けてみてください。
最近の子どもさんは食事をあまり噛まずに、
水やお茶などの飲み物で「流し食べ」をする傾向にあるようです。
噛む回数が減るとあごの成長が悪くなり、
歯並びが悪くなる原因にもなります。
健康のためにも、歯並びのためにも、
良い姿勢でよく噛んで、ご飯を食べてくださいね。
三重県 桑名市 歯科 星野歯科医院

歯磨きについて

by

歯ブラシをエンピツを持つように握って、150g前後の力で丁寧に1回3~5分、1日3回磨いてください。案外、力をいれすぎているので、一度お家の料理量りで量ってみると加減がわかるでし,ょう。力を入れすぎたり、極端に回数多く磨いたり、硬い歯ブラシで磨いたりすると、歯ぐきが退縮し、知覚過敏の症状がでることもあります。
また歯ブラシによるブラッシングだけでは、歯と歯の間など歯ブラシの届きにくい部分にどうしても歯垢が残ってしまいます。歯間ブラシやデンタルフロスを併用すると、磨き残しの歯垢をかなり落とすことができます。
星野歯科医院にある歯間ブラシとデンタルフロスの一例です。他の種類もあります。
IMG_0428_convert_20110314161842.jpg IMG_0460_convert_20110314161057.jpg
三重県 桑名市 歯科 星野歯科医院

口の中が乾燥すると・・・

by

花粉の季節がやってきました。
本来人間は鼻で呼吸をしますが、鼻炎で鼻が詰まると口で呼吸をすることが多くなります。花粉アレルギーの薬の副作用で口の中が乾燥したりすることもあるかと思います。またもともとの癖で口呼吸をする人など、口の中が乾燥気味になる人は歯周病やむし歯になりやすくなります。
口の中が乾燥すると、細菌の棲み家である歯垢がネバネバになり歯につきやすくなります。唾液による自浄作用も低下するため、口の中の細菌が増え活発になるのです。そのため歯周病やむし歯になりやすくなるのです。
口呼吸の人はできるだけ癖を直すように、また花粉症の人はこの時期いつもよりも念入りにお口のケアをするとよいでしょう。
三重県 桑名市 歯科 星野歯科医院

おならを我慢すると口からでてくる

by

「おなら」といわれている腸内で発生した二酸化炭素、メタン、硫化水素などのガスはお尻から出すものと思っているでしょうが、実はこのガスのほとんどは腸管から吸収され、血液に乗って体内をめぐり、肝臓で無臭化され、肺でガス交換されて呼気となって体外に放出されています。
しかしながら、おならを我慢し続けると血液中のガスの量が増えてしまい、肝臓で無臭化しきれなくなり、においの残ったままの呼気として出てきてしまいます。ですから口臭が強くなってしまうのです。
口臭予防のためにも“おなら”も我慢しないでちゃんと出すようにしましょう!といっても、いつでもどこでも出すわけにはいきませんね。ですからおならのガスを増やさないようにそのガスの増える最大の原因である便秘にならないように気をつけることが大切です。
三重県 桑名市 歯科 星野歯科医院

誤嚥(ごえん)性肺炎を防ぐには

by

ちょっと怖い話です。
お口のケアを怠っていると、それが原因で命を落とすこともあるというお話です。
高齢者や体力の弱っている方は、飲食物や唾液などをのみ込む力が弱っている為、誤ってそれらを気管に入れてしまうことがあります。その時に口の中の細菌も一緒に入り込み、誤嚥性肺炎を引き起こす場合があります。それによって亡くなる方も多数います。
しかし、口腔ケアでお口を清潔に保てば、口の中の細菌の数を減らすことができ、肺炎になるリスクを抑えることができます。
日頃から口腔ケアを行い、、将来自分が年をとった時のためにも歯周病やむし歯の細菌を増やさないように気をつけましょう。
三重県 桑名市 歯科 星野歯科医院

キシリトールについて[その2-キシリトールの摂り方]

by

キシリトールの効果的な摂り方についてお話します。
①効果的な量:1日当たり5~10g
(例:歯医者さんが作ったチョコレート 1回1~3粒程、1日1~3回程(幼児は1日1回、1粒程度)
キシリトールガム 1回1粒、1日5粒程度 1日3~5回、
キシリトールタブレット 1回3粒程 1日3~5回程(5歳以上)
②回数:毎食時&間食時&就寝前(1日3~5回) *1度にたくさん食べるより、分けて摂る方が効果的
③タイミング:歯みがき前でも後でも寝る前でもOK。(歯みがき前に摂れば歯垢を落としやすくなりますし、歯みがき後で摂れば歯質強化になります。ただし、フッ素入りの歯みがき剤を使用するときは、フッ素がガムについてしまうので歯みがき前に摂る方がよいです)
④食べている時間:ガムー1粒を5~10分、チョコレートーゆっくりなめて溶かします。
⑤期間:予防の為には毎日続けて摂ることが大切。2週間程で歯垢が減り始め、3カ月程でむし歯になりにくくなります。
注意しなければいけないことは、キシリトール比率が100%かどうか。一般の市販品のキシリトールガムは30~70%となっているので他の砂糖類が含まれると予防効果がありません。歯科医院専売のみ100%キシリトールガム、チョコレートとなっています。タブレットについては市販品との成分に違いはないようです。
三重県 桑名市 歯科 星野歯科医院

キシリトールについて[その1、キシリトールとは…]

by

最近ガムやチョコレートなどでよく「キシリトール」という言葉を見かけますが、歯科分野で用いる「キシリトール」について少しお話させていただきます。
まず、キシリトールとはシラカバやカシを原料に作られる天然素材の甘味料で、普段私たちが食べているイチゴ、ラズベリー等の果物、レタス、ホウレンソウ、カリフラワー等の野菜などにも含まれています。体内の中でも生産されています。
甘さは砂糖と同じなのに、カロリーは25%も低め、インシュリンに依存しないので糖尿病の方でも大丈夫な甘味料です。

キシリトールには次のようなむし歯の予防効果があります。
①むし歯菌にむし歯の原因となる“酸”を作らせない
②むし歯の原因となる歯垢(プラーク)の形成を抑制する
③歯垢(プラーク)の歯面への付着を抑制する
④むし歯菌を減少させる
⑤唾液分泌増加作用により再石灰化(むし歯になりかけた部分をもとに戻す)を促進させる
子供のむし歯数が少ないフィンランドでは、むし歯予防として小さい頃からキシリトールガムを噛む習慣があるようです。
三重県 桑名市 歯科 星野歯科医院

1 2 3 4 5