7

ホワイトニングの効果はどのくらい持続する?

7

黄ばんだ歯やくすんだ歯は、口元の印象だけでなく、お顔全体の印象を暗くしてしまいます。歯を白くすることで口元の印象はガラリと変わり、お顔のイメージを明るくしてくれることでしょう。このように、白く輝く歯はホワイトニングで手に入れることができますが、ホワイトニングによる効果はどのくらいの期間持続するのでしょうか。

ホワイトニングには二種類

ホワイトニングには、歯科医院で行う「オフィスホワイトニング」と、自宅で好きな時間にマウスピースを装着して歯を白くする「ホームホワイトニング」の二種類があります。どちらも医療機関でしか扱うことのできない薬剤を用いて歯を白くしますが、その効果はずっと続くわけではありません。

オフィスホワイトニングは、歯にホワイトニングジェルを塗布し、LED照射器などを使って熱を加え、歯の黄ばみなどを分解して白く仕上げます。オフィスホワイトニングは即効性に優れており、2~3度の施術でかなり理想の白さに近づくことができます。そのため結婚式などのイベントや面接といった、大切な日に照準を合わせて施術することが可能です。

いっぽうホームホワイトニングは、歯科医院で型取りを行って作製したマウスピースにホワイトニングジェルを流し込み、自宅で一定時間装着して少しずつ歯を白くさせます。ホームホワイトニングで使われるジェルは、オフィスホワイトニングのものよりも濃度が低めで、効果も即効性はありません。しかし毎日一定時間装着することで少しずつ効果が表れ、気が付くと真っ白になっているのがホームホワイトニングの特徴と言えるでしょう。

オフィスホワイトニングとホームホワイトニング、それぞれの持続性は?

オフィスホワイトニングは即効性があるものの後戻りも早く、個人差や口にする飲食物によって異なりますが、だいたい3か月くらいで後戻りしてしまいます。

ホームホワイトニングは効果の表れ方が緩やかな反面後戻りが遅く、半年程度の持続期間が目安です。

オフィスホワイトニングとホームホワイトニングを組み合わせたデュアルホワイトニングという方法が最も効果が持続し、後戻りも緩やかなことから、歯科医院でもデュアルホワイトニングのコースを取り入れているところが多いでしょう。

なお歯やお口の中の状態によってはホワイトニングができないことがあるため、事前に必ず歯科医師の診察を受けるようにして下さい。

目的やライフスタイルに合わせた施術法を選ぶようにしましょう

オフィスホワイトニングとホームホワイトニングの持続性を考慮しながらライフスタイルや目的に合わせて、白く輝く歯を手に入れてみませんか?

 

当院のホワイトニングについてはこちら